令和3年4月20日(火) 現在の空室情報「1室」
佐賀市西与賀町の高齢者住宅・デイサービスのサニーコート佐賀 | 0952-37-7170
令和3年4月20日(火) 現在の空室情報「1室」
佐賀市西与賀町の高齢者住宅・デイサービスのサニーコート佐賀 | 0952-37-7170

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

住み慣れた自宅(地域)で、最期まで自分らしく安心・安全に暮らし続けていくために・・・

ヘルパー、看護師が24時間365日、毎日、一日複数回訪問してお手伝いいたします。

※訪問回数等はケアマネージャー、計画作成担当者、看護職員等のアセスメントにより決定されます。

 

こんな方はどうぞご利用ください

◎一人暮らしで、複数回の排泄介助など日常生活支援が必要な方

◎1日複数回のインシュリン注射などの支援が必要な方

◎人生の終末期を家で過ごし、最期まで自宅で暮らしたいと思っている方

◎がんなどの病気で病状の変化など不安をお持ちの方

◎退院直後で在宅生活安定のための頻繁な訪問支援が必要な方

◎1日複数回の確実な薬の内服援助が必要な方

◎認知症などで頻繁な安否確認が必要な方

定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービス(通称:定期巡回サービス)は、佐賀市における在宅生活の限界点を引き上げます。定期巡回サービスの特色や利用条件については下記をご覧ください。

サービスの特色

①定期訪問サービス

  決まった時間※に訪問しサービスを提供します。※訪問時間はおよその目安です。

②随時対応サービス

  利用者からの緊急通報をオペレーターが受け付けます。

③随時訪問サービス

  緊急通報を受け、必要時に利用者宅を訪問します。

④訪問看護サービス

  利用者の状態に応じた看護サービスを提供します。

上記の①~④のサービスを一体的に提供いたします。

2時間ルール・20分ルールが適用されないため、より柔軟なサービス提供が可能なサービスです。

利用条件

定期巡回サービスは地域密着型サービスの為、ご利用に際し条件が設定されています。

①要介護1~5の認定を受けている方

  重度化防止・ADLの向上を基本理念とした要介護者に向けたサービス。

②住所地が佐賀市内(佐賀中部広域連合管内)である

  地域密着型サービスの為、佐賀市内(中部広域連合管内)にお住まいがあれば利用可能です。

上記の条件が満たされていれば、どなたでもご利用いただくことは可能です。

よくあるご質問

Q1. 要支援は利用できますか?

A1. 利用できません。「要介護者」のみです。

Q2. 佐賀市に住んでいませんが利用できますか?

A2.基本的に佐賀市在住以外の方は利用できません。但し、小城市南部の地域であれば利用可能です。

Q3.ケアマネージャーはどこの事業所でもいいですか?

A3.居宅支援事業所のケアマネージャーであれば大丈夫です。

Q4.現在、利用している訪問介護との併用は可能でしょうか?

A4.基本的にはできません。但し、弊社とご利用されている訪問介護事業者間で委託契約があれば、サービスの一部を利用ができる場合があります。

Q5.デイサービスとの併用は可能ですか?

A5.併用できます。

Q6.ショートステイとの併用は可能ですか?

A6.併用できます。

Q7.毎日、定期訪問をしなければなりませんか?

A7.定期巡回を利用しない日があってもOKです。家族が対応できる日は家族対応でも構いません。デイサービスがある日は3回の訪問を2回にすることもできます。

Q8.1人の利用者に、1日に何回訪問するんですか?

A8.「1日複数回」となっており、本人や家族、ケアマネや計画作成責任者で相談して頻度や時間帯を決めます。

Q9.深夜帯も訪問するんですか?

A9.本人や家族、ケアマネや計画作成責任者で相談して頻度や時間帯を決めます。

Q10.サービスごとに概ね2時間の間隔をあける必要があるのですか?

A10.間隔をあける必要はありません。

Q11.緊急通報があったら、必ず随時訪問するのですか?

A11.通報内容に応じて、オペレーターが判断します。相談、電話対応のみの場合もあります。

Q12.訪問回数の変更をケアマネなしでもできますか?

A12.できます。計画作成責任者の判断で柔軟に対応できます。

Q13.身体介護も生活援助もできるのですか?

A13.できます。

Q14.安否確認、健康チェックでの訪問は可能ですか?

A14.可能です。見守りでもOKです。

Q15.同居家族ありの生活援助はできますか?

A15.できます。通常の訪問介護と同じ扱いであり、同居家族の有無のみで判断しません。

Q16.介護と看護の利用割合がありますか?

A16.ありません。介護10で看護0でも構いません。

q17.医療保険の訪問看護の利用者に定期巡回サービス提供は可能ですか?

A17.可能です。その場合、介護報酬は、《訪問看護サービスを行わない場合》になります。

病気・障害の状態確認や、血圧・体温などをチェックし、異常の早期発見に努めます。

病状・障害の観察

入浴や清拭など清潔を保つための介助や食事、排せつなど日常生活の介助・指導を行います。

日常生活のサポート

医師の指示に基づき、点滴やカテーテル、在宅酸素、人工呼吸器などの管理を行います。

医療処置

褥瘡(床ずれ)の手当てや予防のための工夫(エアマットの選定や体位変換の方法など)や指導を行います。また食事面のアドバイスも行います。

褥瘡処置

BPSD(認知症の行動・心理症状)に対する看護や睡眠・食事など生活リズムの調整、認知機能低下予防、環境整備・事故防止のための工夫や助言を行います。

認知症のケア

服薬している薬の効果確認や副作用の観察などを行います。場合によっては薬剤師が介入して助言など行うこともあります。

服薬管理

体位変換やポジショニング、関節可動域訓練の実施と指導、日常生活動作の維持・向上のための訓練などを行います。

リハビリ

ライフスタイルの助言や主治医・ケアマネージャーなどと連携を図り、よりよい療養生活が送れるようサポートします。

療養生活アドバイス

ご家族への状況説明や、普段の介護における肉体的・精神的な負担を軽減するための支援を行います。

家族サポート

疼痛、苦痛の緩和や心のケアを行い、住み慣れた家で最後まで過ごせるよう看取りまで責任をもってお手伝いします。

ターミナルケア